株式会社大栄商事TOP > 株式会社大栄商事のスタッフブログ記事一覧 > 忍び寄る敵

忍び寄る敵

≪ 前へ|夢見草   記事一覧   飛石連休|次へ ≫

4月に入り、ポカポカ陽気ですねぇ…(´▽`*)


ぽかぽか陽気に誘われて~♪今日こそあの娘に打ち明けよう~♪

という、とあるジャニーズの曲が脳内で再生されてました(笑)


最近ではポカポカ通り過ぎて、夏日まで観測されてましたが(笑)


だがしかしっ!!ポカポカ陽気をタダでは喜べない方もいます…

目には見えない敵との闘い…そう、


「花粉症」の方たちです!!(。-`ω-)


今回は花粉症について書いていこうかなと思いまして。

花粉症の方は知っている内容だとは思いますが、

再確認の意味をこの記事にねじ込ませていただいて、

原因や対策等を見て行ってくれたらなと思います!!


自分は花粉症ではなかったのですが、

最近少し目がかゆい時とくしゃみを連発することがあるので、

「ついに来たか!?」ヒヤヒヤしております(笑)





<まず花粉症とは何なのか?>


国民病とも言われている花粉症。

その名の通り、植物の花粉が原因となって、

くしゃみや鼻水を引き起こすアレルギー症状を起こす病気です。

季節性アレルギー性鼻炎とも言われていて、

アレルギー性鼻炎は原因物質によって2種類あり、

「花粉による季節性」と「ダニ、ハウスダスト、ペットの毛などによる通年性」

があります。

花粉が原因ではない方は生活環境が変わらないと厄介ですね…。

 


<くしゃみ等はなぜ起こる?>


アレルギーを発症させる物質が体内に侵入するとそれを受け入れていいかの判断を

体が考えます。その物質を排除すべきだと判断された場合、

その物質と反応する物質を体が生成します、いわゆる抗体ですね♪

抗体が生成された後に、またアレルギーを発症させる物質が侵入すると、

アレルギー物質と抗体が結合します。その結果、体内から化学物質が分泌されて、

その物質を出来る限り体外へ放出しようとします。

なので、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、涙、などで体内に侵入させないようにする、

防御反応という名の症状という訳です。

…拙い説明ですがわかりますかね(;^ω^)

 

 

 花粉症に対して出来ることは?>


治療を行う、治療薬を使用する。

王道な対策ではありますが、症状を抑える為に病院で診察を受けて、

対処していくことがまずは大事かと。

現在、花粉症を完全に抑える薬は存在していませんし、

人によって症状やアレルギーとなっている物質が異なりますので、

医師の適切な判断で治療を進めることが効果的です(*'▽')

 

花粉を体内に侵入させない。

初歩であり、最も大切なことです。

花粉の多い日に外出しない、マスクをしっかり着用する、こまめに掃除をする、

空気清浄機を使用する、布団を干したら花粉を落とす、枕元の花粉を拭き取る、

などひと手間増えることが多いかも知れませんが、

立派な対策となり、症状を緩和することが出来ると思います。

 

食事の見直し

花粉症というのは免疫機能の異常が問題で発症しています。

免疫機能を正常にしてくれる免疫細胞は腸に多く存在していますので、

乳酸菌、食物繊維は免疫力を高めてくれる効果が期待出来るので、

積極的に摂取をしていきたい成分です。

それを意識しつつ、バランスの良い食事を心掛けることも大事です♪

また食事で言うとアルコールは症状を悪化させる恐れがあるみたいなので、

禁酒は大変だと思うので、ほどほどに楽しみましょう(笑)

 




花粉症は一度発症すると治療は簡単ではなく、

完全に治すことも難しいとされているみたいです…( ;;)

ですが、適切な対処をする習慣が身に付けば症状を緩和することは可能です!!

季節によって大変な時期があると思いますが、なんとか乗り切っていきましょう♪

≪ 前へ|夢見草   記事一覧   飛石連休|次へ ≫

トップへ戻る