株式会社大栄商事TOP > 株式会社大栄商事のスタッフブログ記事一覧 > 1年の終わり

1年の終わり

≪ 前へ|12月25日   記事一覧   遅ればせながら…|次へ ≫

残り僅かで今年も終わりですねー!!

この前こんなことしたなぁーって思ってたら、

もう年末ですよ(笑)

歳を重ねる度に1年が早い早い(笑)


今回も日にちにまつわる内容で、


1231日・大晦日」


についてです!!

 

大晦日とは子供の時から聞いていましたが、

なんで大晦日って言うんでしょう?(゜゜)

皆さんは知ってますか?

私はもちろん知りませんでしたので、

今回も勉強させていただきましたっ!!(笑)

 

 


 

 

旧暦では毎月の最終日を「晦日(みそか)」と呼ばれていて、

1年で最後の晦日、最も大事な日である12月末日を

「大晦日(おおみそか)」と呼ぶようになったそうです。


なぜ「晦日」と呼ぶのかというと漢字を変換すると「三十日」

最初は「三十日」と書いて「みそか」と呼び、末日を表していたみたいです。

また「晦(つごもり)」という字には、

「月が隠れる日」という意味を持っている為、

月隠り(つきごもり)」→「月隠り(つごもり)」

と変化して、毎月の末日を表す言葉として使われるようになったそうです。

 

大晦日の行事は平安時代から行われていたそうで、

新しい年の穀物に実りをもたらしてくれる

「歳神様(としがみさま)」を祀る為の準備が行われていました。

歳神様は各家を訪れると信じられていた為、

大晦日から家に籠って眠らずに夜通し祈願する

「年籠り(としごもり)」することが一般的だった為、

これが大晦日の風習の由来みたいです。

 

そして時代の流れと共に風習は形を変えていき、

元日に行われていたお参りも残って、現在の「初詣」として行われています。

お正月に飾る、鏡餅、門松、注連縄(しめなわ)なども

歳神様をお迎えする為に行われていたことで、

それが現在にも残っているということですね♪

 

 


 

 

そして大晦日に食べるものとして「年越し蕎麦」がありますね?

これも何でお蕎麦なのか?(゜゜)

これが由来!!というものは断定出来ていないみたいですが、

江戸時代中期ぐらいから年越し蕎麦は食べられているみたいで、

有名な由来として、


「お蕎麦は細く長く伸びるので、寿命を延ばし、

                家運を伸ばすという願いを込めた説」


「お蕎麦は切れやすいので、1年の苦労や厄災を断ち切って、

新しい1年を迎えるという説」


というのがあるみたいですね♪

他にも色々と由来はあるみたいですが、

どれも願掛けや験担ぎの意味合いが強いみたいです

昔からの風習が現代にも残っているって、

今思うとスゴいことですねぇ…(*’ω’*)

 

 



皆さんは振り返ってみて、どんな1年でしたか?

自分は色々と変化があった、変化を起こした1年だったかなぁ…と

振り返ってみて思います(*’’)

良い年越しをして、来年も幸せな1年になるといいですね♪

今年のブログはこれで最後になりますので、最後にご挨拶を。

 


本年も誠にありがとうございました。


来年も株式会社 大栄商事を宜しくお願いいたします。


皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

≪ 前へ|12月25日   記事一覧   遅ればせながら…|次へ ≫

トップへ戻る